So-net無料ブログ作成

保育所定員、5年で25万人増=政府が少子化対策ビジョン(時事通信)

 政府は29日午前の閣議で、今後5年間で取り組む少子化対策をまとめた「子ども・子育てビジョン」を決定した。待機児童対策として、小中学校の空き教室などの保育所への転用を促進。これにより保育児童を毎年5万人ずつ増やし、2014年度末には現在より25万人多い241万人にする目標を掲げた。育児や出産をしやすい環境を整え、少子化に歯止めを掛ける狙いだ。
 保育所の拡充により、3歳未満の保育児童の割合を現在の4人に1人から、3人に1人に上昇させることを目指す。病児・病後児保育の受け入れ可能人数は、延べ31万人から200万人に大幅に増やす。 

【関連ニュース】
歳入庁創設に前向き=「組織改廃は当然」
省庁再編、参院選後に検討着手=「幼保一元化」11年度に法案
自民運動方針の要旨
保育の在り方など議論=仙谷担当相
福島消費者相が欧州へ出発

<窃盗容疑>ペンギン盗んだ業者逮捕 動物園でバッグに(毎日新聞)
10年度の年金額は据え置き=厚労省(時事通信)
モンスターペアレンツ対策Q&A…都教委配布へ(読売新聞)
土地問題 小沢氏「?」だらけ 「事実のすべて」というけれど…(産経新聞)
<お別れの会>金子徳之介さん=2月6日、福島県伊達市(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。