So-net無料ブログ作成
検索選択

接続遮断、限定的に=年度内実施で合意―ネット上の児童ポルノ対策・総務省有識者研(時事通信)

 総務省の有識者研究会は18日、インターネット上ではんらんする児童ポルノ画像への接続を強制的に遮断するブロッキングについて「検挙や削除要請で対応できない場合の措置」として、対象を大幅に限定して導入すべきだとする見解をまとめた。
 同省はこの見解をネット事業者の運用指針に反映したい意向で、接続事業者も年度内にブロッキングを実施することで合意した。
 警察庁はブロッキングについて、児童ポルノサイトを発見した場合、容疑者摘発や画像削除を待たずに即時に接続を遮断すべきだと主張しており、省庁間の温度差が鮮明になった。 

【関連ニュース
家出少女に売春あっせん=「神待ちサイト」で6人泊める
ネット掲示板に男児ポルノ=開設の男子高生ら27人摘発
児童ポルノサイト遮断、年度内に=法的課題を整理
ランキングサイトを削除要請=児童ポルノ紹介、運営4社に
女子中生にわいせつ行為=容疑で43歳会社員逮捕

「1億円金塊」を返還=ふるさと創生活用、兵庫・淡路市(時事通信)
英語「公用語化」に楽天踏み切る 世界企業目指し「内部から国際化」(J-CASTニュース)
食券・結婚祝い…独法9年間で742億円支出(読売新聞)
裁判長らが現地視察=諫早湾干拓開門訴訟―長崎地裁(時事通信)
賛否両派参加、初の協議会=「鞆の浦」埋め立て架橋計画―広島(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。